高円宮杯U-18 サッカーリーグ2017 プリンスリーグ東北

リーグ概要

高円宮杯U‐18サッカーリーグ2017 プリンスリ-グ東北 大会実施要項

1.主催

東北サッカ−協会

2.主管

  • 各県サッカー協会
  • 高円宮杯U‐18サッカーリーグ2017プリンスリ−グ東北実行委員会
  • 東北サッカ−協会2種委員会(東北高体連サッカ−専門部・東北クラブユ−ス連盟)

3.後援

  • スポーツ庁 ・ 公益財団法人日本サッカ−協会・ 朝日新聞社
    各県教育委員会

4.協賛

  • JFA Youth&Development Official Partner 株式会社ナイキジャパン
  • JFA Youth&Development Official Supporterニチバン 株式会社・株式会社 明治
  • JFA Youth&Development Official Provider 株式会社モルテン

5.期日

平成29年4月8日から9月23日
※詳細については、別途日程表参照

6.会場

東北6県各会場(別途参照)

7.参加資格

  1. (公財)日本サッカ−協会第2種登録した加盟チ−ムもしくは準加盟チームであること。
  2. @各チームの登録選手は、原則として本協会発行の選手証(カードの選手証または電子選手証)を持参 しなければならない。ただし、写真貼付により、顔の認識ができるものであること。
    ※電子選手証とは、本協会WEB登録システム「KICKOFF」から出力した選手証を印刷したもの、またスマート フォンやPC等の画面に表示したものを示す。
    年度初めの新高校1年生については、選手証が発行されるまでの期間はそれに代わる証明書を携行すること。

    A試合に登録することのできる外国籍選手については、登録は4名以内とし、常時出場は、2名以内とする。

    B本協会により「クラブ申請」を承認され、同一クラブ登録をしているチームについては、同一クラブ内のチーム間であれば移籍手続きを行うことなく本リーグに参加させることができる。適用対象となる選手の年齢は第3種年代のみとし、第2種及びそれ以上の年代の選手は適用対象外とする。

    C本リーグに登録できる選手の人数は、30名以内とし、試合毎に登録できる人数は20名までとする。ベンチ入りできる人数は、選手9名、役員・チームスタッフ5名以内とする。なお、登録した選手が日本代表に招集された場合、JFA・Jリーグ特別指定選手となった場合、Jクラブにおいて第2種トップ可選手として登録された場合は、その選手に代わり新たな選手の追加登録を認める。

    Dゴールキーパー(以下「GK」という)に関しては、第1GKを固定し、第2GK以降は県リーグに重複登録可能とする(プレミアリーグ出場チームは対象外とする)。また、GKが3か月以上の長期の怪我をした場合、登録変更期間に関わらず、GKを1名のみ自チームの登録外選手から追加できる。その際には、大会事務局へ診断書を提出すること。

    E高体連加盟チームに関しては1998年4月2日以降に生まれた者とする。ただし、同一学年での本大会への出場は1回限りとする。なお、上記出場とは大会エントリーではなく試合出場を指す。(高体連主催大会の規定に準ずる)。

8.大会方式

  1. 2回戦総当たりのリーグ戦方式で行う。
  2. リ−グ順位の決定は勝点制とし、以下のような順で決定する。
    @勝点(勝3点・引分1点・負0点)
    A得失点差
    B総得点数
    C当該チーム間の対戦成績
    (イ.勝点ロ.得失点差 ハ.総得点数)
    D抽選

9.試合方式

  1. (規則)競技規則は、現行の(公財)日本サッカ−協会制定の「サッカー競技規則」に従う。
  2. (時間)試合時間は90分間とする。また、ハーフタイムのインターバルは15分とする。
  3. (試合前のチェック)選手は試合開始7分前に集合しチェックを受けること。
  4. (交代)交代は、あらかじめ登録した最大9名の交代要員の中から5名まで認められる。
  5. (退場による出場停止)本リ−グにおいて退場を命じられた選手は、本リーグの次の一試合に出場できな い。それ以降の処置については、規律委員会で決定する。また、退席処分を受けた役員・チームスタッフに おいても同様とする。退場による出場停止処分の消化については、異なるリーグでの出場停止処分の消化は 認めない。同一試合で2回警告による退場による出場停止処分の消化についても異なるリーグでの出場停止 処分の消化は認めない。但し、本リーグ戦の終了によって残存した出場停止処分については、順次、次の 公式戦に適用される。また、連盟大会で退場を命じられ敗退が決定し出場停止が未消化の場合は、直近の 公式戦が本リーグの場合は、適用される。種別を超えて持ち越す可能性もある。
  6. (累積警告による出場停止)本リ−グ中、警告を3回受けた選手は、本リ−グ戦の次の一試合に出場できない。本リーグ戦の試合にて消化するものとする。
  7. (代表者ミーティング)キックオフ時刻の70分前に双方チーム(監督・チームスタッフ)、審判員、本部とともに実施する。

10.登録選手変更について

  1. 本リーグにエントリーされた選手の登録変更については、下記の4回とする。
    4月22日試合後〜24日、6月18日〜20日8月10日〜15日、9月2日試合後〜4日
    ※下線部の期間については、プレミアリーグの登録変更期間と一部重複している。
  2. 本リーグに関するブロックされる期間とブロック選手数は、下記の通りとする。
    フィールドプレーヤーは各期間において出場時間実績に応じて、ブロックされる。ただし、日本代表に招集、JFA・Jリーグ特別指定選手、Jクラブにおいて第2種トップ可選手として登録されたフィールドプレーヤーは、出場時間に関わらず自動的にブロック対象となる。高校1年生の選手が代表に選ばれた場合、また、3種登録選手はブロック対象外とする。
    @第1節 〜 第3節(4/2〜4/22)
    第1節〜第3節 出場時間実績がないため、チーム選出とする。 フィールドプレーヤー12名並びにGK1名。
    A第4節 〜 第8節 (4/25〜6/17)
    第1節〜第3節 出場時間上位12名のフィールドプレーヤー、GK1名(チーム選出)。
    B第9節 〜 第12節 (6/21〜8/9)
    第1節〜第8節 出場時間上位13名のフィールドプレーヤー、GK1名(チーム選出)。
    C第13節 〜 第15節 (8/16〜9/1)
    第1節〜第12節 出場時間上位13名のフィールドプレーヤー、GK1名(チーム選出)。
    D第16節 〜 18節 (9/5〜9/23)
    第1節〜第15節 出場時間上位13名のフィールドプレーヤー、GK1名(チーム選出)。
    ※本リーグに登録された選手の中でブロックに該当する選手は、同じチーム内で県リーグに参加する他チームへの重複登録は、できない。
    ※各県リーグにセカンドチーム以下のチームをエントリーしない場合においても、ブロックされる選手のエントリー変更は、できない。

    ※クラブ申請を行なっているチームについては、3種選手の登録に関しては、30名のエントリー枠とは 別に人数制限問わず認める。なお、エントリーされた選手については上記登録変更期間に入れ替える ことができる。
  3. プレミアリーグ及びプリンスリーグ所属チームがセカンドチームをプリンスリーグ及び県リーグに参加させている場合において、ブロック対象選手を除いた選手については、直下のリーグ(プリンスリーグまたは県リーグ)への出場は可能とする。プレミアリーグまたはプリンスリーグのブロック対象選手を除いた選手はプリンスリーグまたは県リーグに重複登録をすることができる。
  4. GKに関しては、出場時間でブロックせずに、@〜Dの各期間ごとにチームがブロック選手を1名選出する。

11.参加チーム

前年度第1位「ベガルタ仙台ユース」・第2位「尚志高校」・第3位「青森山田高校セカンド」・ 第4位「モンテディオ山形ユース」、・第5位「盛岡商業高校」・第6位「遠野高校」・第7位「仙台育英学園高校」・PL参入戦より「山形中央高校」・「東北高校」・「聖光学院高校」(計10チーム)

12.参加料

120,000円

13.参加申込

  1. 所定の用紙にて大会申込を下記へ送付する。
  2. 30名については、プログラムの掲載者とする。
  3. 申込期日は、平成29年2月24日 (金) 必着
  4. 申込先:大会事務局
    〒983-8565
    宮城県仙台市宮城野区小鶴字高野123-1
    東北学院高等学校内 橋本 俊一 宛

14.代表者会議

平成29年4月2日(日)14:00会場:ホテルレオパレス仙台
※4月2日(日)13:00より同会場にて運営担当者連絡会を行います。

15.表彰

  1. 表彰については以下の通りとする。
    【チ-ム】
    優勝以下3位までは賞状並びにメダルを授与する。
    優勝チ-ムには、優勝杯を授与する。(持ち回り)
    (公財)日本サッカー協会規定により該当チ-ムにフェアプレー賞を授与する。
    【個人】
    リ-グMVPを表彰し記念品を贈呈する。
    リ-グ得点王を表彰し記念品を贈呈する。
    【前年度優勝】
    レプリカを授与する。

16.備考

  1. ユニフォームは、(公財)日本サッカ−協会に登録されたものを着用する。但し、審判と同色又は、類似の上着を用いることはできない。
  2. ユニフォームは、(公財)日本サッカ−協会「ユニフォーム規定」によるものを用意し、又背番号等は1〜30の通し番号とする。新たに登録された選手は、登録変更された選手の番号を使うことができる。
  3. 縞のユニフォームは台地に背番号を入れること。
  4. ユニフォームへの広告表示については、(公財)日本サッカ−協会「ユニフォーム規定」に基づき承認され た場合のみ認める。但し、(公財)全国高等学校体育連盟加盟チームは、連盟規定によりこれを認めない。
  5. 参加資格に違反や、その他不都合な行為があったときは、そのチ−ムの出場を停止する。その場合、同 チ−ムが関係する全ての試合結果を抹消する。
  6. リ−グ途中でもし参加棄権等があった場合は、同チ−ムが関係する全ての試合結果を抹消する。尚、その チ−ムに対する処置は規律委員会で決定する。
  7. 参加チ−ムは、各チ−ムにおいて必ず傷害保険等に加入すること。
  8. 新1年生に関しては、4月7日(金)まで追加登録を認める。登録変更用紙と(公財)日本サッカー協会選手 用紙のコピーを同封の上、4月7日(金)事務局必着とする。
  9. 新2年生及び新3年生に関しては、4月1日(土)まで5名以内の登録変更を認める。登録変更方法に関しては、(8)に準ずる。4月1日(土)13:00までに、事務局に届け出ること。
  10. 13人ブロックのエントリーについても、(9)と同様、4月1日13:00までに、事務局に届け出ること。 なお、13人ブロックの適用開始時期は2017年4月2日(日)からとする。
  11. 本リーグの優勝チームは、高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プレミアリーグ参入戦への出場資格を獲得する。尚、チーム事情により参入戦の出場資格を辞退した時は、プリンスリーグ2位のチームに権利が移行される。また、2位チームも参入戦を辞退した時は、参入戦の出場権を失う。
  12. 各県リーグへの降格チーム数は、リーグ下位 2チームを原則とするが、プレミアリーグの昇降格やセカンドチームの昇降格によりチーム数を決定する。
  13. 高円宮杯U-18サッカーリーグ2017 プリンスリーグ参入戦の要項及び組合せについては、別紙の通りとする。

Copyright (C) JFA Prince League U-18 Tohoku All Rights Reserved.